AIM(エイム) ISSUE.15 HANJI[韓紙]

在庫残りわずか
在庫切れ
  • ISBN:978-4-907314-20-0
  • ISBN:978-4-907314-20-0
  • ISBN:978-4-907314-20-0
  • ISBN:978-4-907314-20-0
  • ISBN:978-4-907314-20-0
  • ISBN:978-4-907314-20-0
  • ISBN:978-4-907314-20-0
  • ISBN:978-4-907314-20-0
  • ISBN:978-4-907314-20-0
¥1,944税込
¥1,944
¥1,944税込
数量

商品詳細

AIM ISSUE.15  HANJI [韓紙]

 

発売日  

 

2018/3/15(木)

 

価格  

 

¥1,800(税抜)

 

¥1,944(税率8%)

 

仕様 

 

■B5サイズ(縦257mm×横182mm)

 

■オールカラー、128ページ

 

ISBN 

 

978-4-907314-20-0

 

AIM ISSUE.15 ― HANJI [韓紙]

 

 

 

 

 

日本に和紙があるように、韓国にも「韓紙(ハンジ)」という韓国伝来の紙が存在する。

 

長い歴史を韓国人と共に歩んできた韓紙は、原料、大きさ、厚さ、用途、色彩によって、実に様々な種類を持つ。

 

そして、紙が貴重だった時代には、本に、書画練習用に、破紙は集めて工芸品に、

 

さらに大切な家作りまで、人々は一切れの紙も無駄にせず、節約しながら活用してきた。

 

今回は韓紙の歴史、名称の由来や種類はもちろん、

 

うっとりするような美しい韓紙や韓紙工芸品を、写真でたっぷり紹介している。

 

そして、大勝韓紙村(デソンハンジマウル)では取材陣の為に、

 

韓紙の原料である楮(コウゾ)の採取から韓紙をすくう場面等の製作過程を、

 

特別に実演してくれた。伝統技法の一輪編みで作る過程と、

 

今見ても新鮮で美しい韓紙や工芸品を知れば、昔の人々の知恵と美意識を感じられるに違いない。

 

韓紙は今日、かつての「伝統文化」という域に留まることなく、

 

韓紙工芸作家など様々なアーティスト達の手により、伝統を守りつつも時代に寄り添い、

 

新たな韓紙のあり方を模索しながら受け継がれている。

 

伝統文化を未来に残して行くために現代に生きる私たちが出来る事は何なのか、

 

考えるきっかけを与えてくれる一冊である。

 

※本誌名である「AIM(エイム)」は「Asia Interest Mook」の頭文字より由来。

 

※AIM ISSUE.10より「Asia Interest Magazine」から「Asia Interest Mook」へと名称が変わりました。

 

 

 

〈内容〉

Prologue 韓紙(ハンジ) とは?

1. 韓紙の名称の由来

2. 韓紙の伝来と歴史

3. 韓紙の製紙法

4. 韓紙の特徴

5. 韓紙の種類

6. 韓紙の制作原料

7. 韓紙工芸

Past

Museum SAN 提供

韓紙遺物鑑賞

Present

1. 大勝韓紙村(デスンハンジマウル)

2. 全州伝統韓紙院(ジョンジュジョントンハンジウォン)

3. ダㇰジョンイ(楮紙) 工芸

4. 扇子(漆摺扇) と韓紙

5. 韓紙工芸の伝統継承、剪紙工芸作家を訪ねて

6. 韓屋(ハノㇰ)と韓紙

Future

1. 若手韓紙工芸作家を訪ねて

2. 韓紙の商品化、世界化

Epilogue

仁寺洞(インサドン)で韓紙を考える

Information & Coorperation

Polaroid Essay

Publisher`s Letter