HANDBAG SERIES 04

韓国詩の世界01&ハングル美文字
在庫残りわずか
在庫切れ
  • ISBN-978-4-907314-21-7
  • ISBN-978-4-907314-21-7
  • ISBN-978-4-907314-21-7
  • ISBN-978-4-907314-21-7
  • ISBN-978-4-907314-21-7
  • ISBN-978-4-907314-21-7
  • ISBN-978-4-907314-21-7
  • ISBN-978-4-907314-21-7
¥1,000税込
¥1,000
¥1,000税込
数量

商品詳細

 

 

HANDBAG SERIES 04 韓国詩の世界01&ハングル美文字

 

 

 

ISBN:978-4-907314-21-7

 

発売日:2018.6.15

 

価格:¥1,500(税込)/¥1,389(税抜)

 

仕様:B6サイズ(縦178mm × 横125mm)

 

 ページ数:162ページ

 

 

HANDBAG SERIES とは、独自の角度から取り上げたテーマにより、今を生きる女性たちへ「勝る」より「異なる」ライフスタイルの選択肢を増やしたいという気持ちから誕生しました。いつでもどこでも持ち歩けるよう、ハンドバッグにぴったりなサイズ感で、スマートな女性像を提案する新シリーズ。

 

第4弾のテーマは、韓国詩の世界とハングル美文字だ。1920年代韓国近代詩の胎動から1945年終戦前後までの詩を中心に、筆者が講義している「ハングル美文字講座」にて紹介された詩に、韓国戦争前後、越北を理由に韓国文学史から排除されていたものの、最近になって再評価され始めた詩人たちの詩を追加し、構成されている。日本でも人気の高い、尹東柱(ユン・ドンジュ)詩人を始め、様々な詩人が登場する。何度も読み返したくなるような個性的な視点や表現方法は、読者の思考の幅を広げてくれるに違いない。

 

今回は、詩を紹介するだけではなく「筆写ページ」を設けた。詩を真似してハングルで書いてみたり、読んで見ての感想などを書いてみて欲しい。じっくりと筆写をすることで、瞑想をしている様な、無の境地を体験できるかもしれない。

 

 

 

 

 

<目次>

 

Prologue  

韓国人はなぜ詩が好きなのか?

 

1.金億(キム・オㇰ)

・春は過ぎ去る(筆写ページ)

・通りすがり 

・糸車

 

2.金素月(キム・ソウォル)

・母ちゃん姉ちゃん(筆写ページ)

・山有花

・ツツジの花(筆写ページ)

・招魂

・遠い後日

・忘れられず

・以前はまだ知らなかったです

 

3.韓龍雲(ハン・ヨンウン)

・貴方の沈黙

・渡し船と行人 

・分かりかねます 

・愛する理由(筆写ページ)

・服従(筆写ページ)

 

4.鄭芝溶(ジョン・ジヨン)

・郷愁

・湖水1(筆写ページ)

・硝子窓1(筆写ページ)

・彼の半分

・海2

 

5.金起林(キム・ギリム)

・海と蝶(筆写ページ)

・道

・硝子窓 (筆写ページ)

 

6.李箱(イ・サン)

・鏡

・烏瞰図詩第10号 蝶

・こんな詩

 

7.白石(ベㇰ・ソㇰ)

・女僧

・私とナターシャと白いロバ(筆写ページ)

・故郷

・白い壁がある

・統営(トンヨン)

 

8.李陸史(イ・ユㇰサ)

・広野

・青葡萄(筆写ページ)

・絶頂

・花

・喬木

 

9.吳章煥(オ・ジャンファン)

・海(筆写ページ)  

・The last train

・暮村

 

10.尹東柱(ユン・ドンジュ)

・序詞(筆写ページ)

・星数える夜

・自画像

・懺悔録

・道 

・容易く書かれた詩

・新しい道(筆写ページ)

・螢(筆写ページ)

 

Epilogue

詩を筆写すること、そしてハングル美文字の魅力

 

付録)ハングル美文字作品by視聿

1.金素月、遠い後日

2.鄭芝溶、湖水

3.金起林、海と蝶

4.吳章煥、海

5.李陸史、絶頂

6.尹東柱、序詩

 

 

<著者プロフィール>

 

視聿(シユル)

 

 韓国ソウル生まれ。日本滞在 19 年目。文化企画者。

 

 早稲田大学文学研究科、演劇映像専攻。

 

 早稲田大学大学院、アジア太平洋研究科、国際関係学、学術博士。

 

 著書には『実用主義者韓国女性が語る、K-Cosme & K-Beauty, コスメダイエットで自分愛』、

『私の故郷、ソウルを紹介します。~政治、経済、文化など多方面から見たソウルという都市~』